TES Blog

株式会社テクニカルエンジニアリングサポートに所属する社員が、自身が携わるテクノロジーやイベントに関する情報を発信しています。

弊社の夏期休暇制度が変わったお話

f:id:t-miyahara11:20180921142355p:plain

酷暑が終わったと思ったら急に天気が悪くなり、気温もグッと低下しましたね。体調を崩さないように注意したいと思います。

突然ですが、(そして9月も終わろうとしていますが…)皆さんは夏休みはしっかり取れましたか?
今回は、今年から変わった弊社の夏期休暇の制度についてお話します。

変更前

夏期休暇日は8月の13・14・15日と固定

何が問題か

夏期休暇日が固定化されていたため、例えば13日が土曜日だったりすると普通の休日と被ってしまい、大変残念なことに…。
新年を迎えて真っ先にすることが8月のカレンダーをチェックであり、結果次第でその年の良し悪しを判断するぐらい重要なことでした。

また、固定化された休暇とは別に個人的な用事(お盆・夏のイベント等)で休む場合は別途有給で…といったことがありました。

変更後

夏期休暇日は7月から9月にかけて、各自好きなタイミングで3日分取得可

これは上記の期間であればいつでも取得していいよ、ということになります。
3日間繋げて連休にしても良いし、バラバラに取得して独自に土日とつなげて3連休を増やすのも可能です。

変更理由と狙い

変更に至った一番の理由としては、やはり会社として社員の満足感とモチベーション管理に重きを置いたところです。

稼働する日数が減ることについては懸念事項として挙がりましたが、休めるところでしっかりと休み、それから仕事に向けて前向きな取り組みができるならと判断した結果、今回の変更に至りました。

個人的にもお盆なんてどこに行っても基本は混んでいたりするので、自分に合わせた休暇を頂けるのは非常に助かりました。

今年は承認時期の関係で8月から9月までを範囲として施行となりましたが、来年以降は7月を含めて好きなタイミングでの休暇取得が可能となっています(勿論調整の段取りは必要です)。

休暇取得状況について

社員の休暇取得割合については以下のとおりとなります。

取得時期 割合
8月のお盆シーズンに取得した 65%
8月のお盆シーズン以外に取得した 32%
9月に取得した 3%

全体的にバラけて取得する人は少なく、3日間連続で取得する方が多かったです。+有給消化で大型連休にしている人もチラホラ…。
来年以降は7月・9月に取得する人が増えるかもしれませんね。

また、付与された3日分をすべて消化した人の割合は、98%となっております。

最後に

今回の変更については、社員の改善提案が発端でした。意見を受け入れて審議を行い、最終的に経営層に認められた結果となります。

社員にとってより良い環境づくりが大事だと考えていますので、ポジティブな変化はこれからも発信していけると良いかなと思います。